EPEL SIG/ja

From FedoraProject

< EPEL SIG(Difference between revisions)
Jump to: navigation, search
(Created page with '<!-- page was renamed from EnterpriseExtras/SIG --> <!-- page was renamed from SIGs/EPEL --> == 目的 == The EPEL Special Interest Group (SIG) is a group of people interested ...')
 
Line 6: Line 6:
 
== 目的 ==
 
== 目的 ==
  
The EPEL Special Interest Group (SIG) is a group of people interested in the [[About EPEL| EPEL package repository]] . They and other interested contributors not only do the work but normally also make the EPEL government decisions on the list or in their meetings by participating in the discussions and votings. Only when an agreement can't be found between the interested parties the [[EPEL Steering Committee]] jumps in to mediate or to make a hard decision if one is needed to get things unstuck.
+
EPEL Special Interest Group(SIG) [[About EPEL/Japanese| EPEL パッケージリポジトリ]]に興味を持つ人々のグループです。彼らとその他の貢献者たちは実際に作業はしないかもしれませんが、通常はメーリングリストやミーティングの議論や投票に参加することで EPEL 政府の採決に関与します。EPEL SIG メンバー間で同意が得られない場合のみ、[[EPEL Steering Committee/Japanese| EPEL 運営委員会]]が調停したり、必要なら厳しい決断を行ったりします。
  
 
== SIG へ参加する ==
 
== SIG へ参加する ==
  
Joining the EPEL SIG is as simple as being part of Fedora (e.g. be a part of the packager group in the account system) and having a love for Enterprise Linux.  Once you are a contributor to Fedora, you can join the SIG by adding your name below and communicating with the rest of the team in via the [http://www.redhat.com/archives/epel-devel-list/ EPEL developers mailing list] , #epel on the [http://freenode.net/ Freenode IRC Network] and the usual [[Communicate|  Fedora channels]] . Consider to join the weekly [[EPEL/Meetings| IRC meetings]] -- that's where decisions often get made.
+
EPEL SIG に参加することは、Fedora プロジェクトに参加したり(例えば、アカウントシステムでパッケージャグループに参加する)、エンタープライズ Linux を愛好したりするのと同じぐらい簡単です。Fedora の貢献者になると、以下に名前を追加して、[http://www.redhat.com/archives/epel-devel-list/ EPEL developers mailing list][http://freenode.net/ Freenode IRC Network] にある #epel チャンネルや [[Communicate|  Fedora チャンネル]]を通じて残りのチームメンバーとコミュニケーションを取ることで SIG に参加することができます。決定事項を決めるための場所になる[[EPEL/Meetings/Japanese| IRC ミーティング]]が毎週開かれています。そこに参加することを検討してください。
  
 
== 参加者 ==
 
== 参加者 ==
  
If you have specific work areas in the EPEL project please mention them behind your name in the list below.
+
もし EPEL プロジェクトに特化して活動したいなら、以下のリストのあなたの名前の後方にそのことを記載してください。
  
 
* DennisGilmore - EPEL Steering Committee member, infrastructure
 
* DennisGilmore - EPEL Steering Committee member, infrastructure

Revision as of 12:37, 15 May 2010


目的

EPEL Special Interest Group(SIG) は EPEL パッケージリポジトリに興味を持つ人々のグループです。彼らとその他の貢献者たちは実際に作業はしないかもしれませんが、通常はメーリングリストやミーティングの議論や投票に参加することで EPEL 政府の採決に関与します。EPEL SIG メンバー間で同意が得られない場合のみ、 EPEL 運営委員会が調停したり、必要なら厳しい決断を行ったりします。

SIG へ参加する

EPEL SIG に参加することは、Fedora プロジェクトに参加したり(例えば、アカウントシステムでパッケージャグループに参加する)、エンタープライズ Linux を愛好したりするのと同じぐらい簡単です。Fedora の貢献者になると、以下に名前を追加して、EPEL developers mailing listFreenode IRC Network にある #epel チャンネルや Fedora チャンネルを通じて残りのチームメンバーとコミュニケーションを取ることで SIG に参加することができます。決定事項を決めるための場所になる IRC ミーティングが毎週開かれています。そこに参加することを検討してください。

参加者

もし EPEL プロジェクトに特化して活動したいなら、以下のリストのあなたの名前の後方にそのことを記載してください。

  • DennisGilmore - EPEL Steering Committee member, infrastructure
  • MikeMcGrath - EPEL Steering Committee member, infrastructure
  • Michael Stahnke - EPEL Steering Committee member
  • KevinFenzi - EPEL Steering Committee member, XFCE
  • ThorstenLeemhuis - EPEL Steering Committee chairmen, wiki, keeping the things together
  • KarstenWade - EPEL Steering Committee member, Communication with Red Hat
  • JeffSheltren - EPEL Steering Committee member
  • MattDomsch
  • BernardJohnson
  • DennisGregorovic
  • MichaelThomas
  • WarrenTogami
  • StevenPritchard - Perl
  • KonstantinRyabitsev
  • ManuelWolfshant
  • OrionPoplawski
  • RemiCollet
  • ClaireConnelly
  • XavierLamien
  • BojanSmojver
  • RayVanDolson
  • MarekMahut
  • CristianBalint - GIS (Geographic Information System) tools
  • SimonWesp
  • LucianLanga
  • Jeroen van Meeuwen Puppet(-server/master)
  • GaryGiesen - IP Networking tools
  • AndrewColinKissa
  • Chitlesh Goorah - Ensuring compatibility with Fedora Electronic Lab