I18N/ja

From FedoraProject

< I18N
Revision as of 07:27, 11 February 2012 by Cicku (Talk | contribs)

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

Contents

国際化(I18N)プロジェクトでの役割

Idea.png
貢献できる役割
これは例であり、あなたが自ら考えだすことで役割は作り出せます。

Join OSDeveloper.png
OS 開発者

Join Translator.png
翻訳者

Echo-i18n-48px.pngFedora国際化(I18N)プロジェクト

Fedora I18N プロジェクトは国際化に取り組んでいて現地の言葉にローカライズする活動(L10N)をサポートしています。 ソフトウェアやドキュメントの翻訳は Fedora L10N プロジェクトによって処理されます。

このプロジェクトの目的:

  • 多言語による入力方法が可能なアプリケーションの開発・パッケージ化・管理を行う。
  • 多言語によるサポートや処理を行うためのアプリケーションやユーティリティの改良。
  • 既存のアプリケーションが国際化の基準を満たしているかの品質保障。
  • 翻訳者コミュニティのインフラ整備。


交流

メーリングリスト

  • i18n list - Fedoraの国際化についての議論
  • i18n-bugs list - Fedoraのi18n関連バグについて

IRC チャンネル

#fedora-i18n Freenodeにて

会議

  • 私たちの 会議 ページをご覧ください。

タスク

  • kbd/im デスクトップ統合
  • scm/koji i18n-bugsにメール参加
  • 現在のガイドラインに残っているフォントを更新
  • Unicode 5.2 and 6.0

ウィッシュリスト

  • PANGO_LANGUAGE 設定ツール
  • libIMdkit
  • (gdm locale/kbd UI 改良)

パッケージ

Fedora I18Nでは多くの i18n関連のパッケージを管理しています。I18NチームのFAS疑似ユーザーが私たちのバグの処理を手伝ってくれます。

i18nパッケージの新しい承認には CVSAdmin 要求に"InitialCC: i18n-team"を使ってください。

テクノロジー

入力方法

入力方法はアジアや他の言語の入力に使われています。

フォント

A page of the Fonts Special Interest Group

  • アジアのフォントは次のリンクをご覧くださいI18N/Fonts
  • 多くの無料で自由な国際的フォントが存在し、他の有名なディストリビューションでも初期設定やパッケージ化されていてフォント設定で参照されています。Fedora 希望リストではパッケージ化してくれる人を待っています。
  • Lohitプロジェクト Lohit フォントとは GPL ライセンス下で配布できるインド文字のフォントです。
  • Liberation プロジェクト Liberation フォントは無償で自由にライセンス下で配布できるラテン語、ギリシャ語、キリル文字のフォントです。
Idea.png
Pango 言語の順序
Pangoの環境変数(PANGO_LANGUAGE)を変えることでテキストのレンダリングを行う際の優先順位を変えられます。例えばPANGO_LANGUAGE"ja:zh:ko"のようにすると日本語、中国語、韓国語のフォントの順にレンダリングを行います。

言語の追加

言語サポート(I18N)の最低基準

言語サポート基準ページをご覧になって手順に従って新しい言語を Fedora に追加してください。

バグレポート

バグ内容を書き込む前に最近の バグリストに一度目を通して既に提出されているバグでないかを確認してください。もしあなたのバグが存在していなかったら Bugzilla にバグレポートとして報告してください。 もしすでに同様のバグが存在しており、まだ改善されてなければバグに関する追加情報を報告してください。 また、すでにバグが改善されているなら、バージョンのアップグレードを行って改善されたか確認してください。それでも修正されていないようなら再びバグについての対応を行ってください。

I18N バグページでは Bugzilla で照会されたバグを確認できます。

I18N バグガイドラインではバグ提出のガイドラインを見ることが出来ます。

このプロジェクトの人々