From Fedora Project Wiki
m (EPEL への貢献)
m (EPEL への貢献)
Line 3: Line 3:
 
== EPEL への貢献 ==
 
== EPEL への貢献 ==
  
EPEL プロジェクトへ参加することは Fedora プロジェクトのグループ(例えば、アカウントシステムのパッケージグループ)に参加して、エンタープライズ Linux への親しみを持つのと同じくらい簡単です。さらに[[EPEL/PackageMaintainer/GenericJobDescription/Japanese| ジョブの一環として EPEL パッケージをメンテナンスする]]ために使用されるテンプレートがあります。詳細は[[EPEL/FAQ/Japanese#Contributing_to_EPEL| 貢献に関する FAQ エントリ]]を参照してください。
+
EPEL プロジェクトへ参加することは Fedora プロジェクトのグループ(例えば、アカウントシステムのパッケージグループ)に参加して、エンタープライズ Linux への親しみを持つのと同じくらい簡単です。さらに[[EPEL/PackageMaintainer/GenericJobDescription/Japanese| 仕事の一環として EPEL パッケージをメンテナンスする]]ために使用されるテンプレートがあります。詳細は[[EPEL/FAQ/Japanese#Contributing_to_EPEL| 貢献に関する FAQ エントリ]]を参照してください。
  
 
[http://www.redhat.com/archives/epel-devel-list/ EPEL 開発者メーリングリスト]や [http://freenode.net/ Freenode IRC Network] の #epel を使用して、EPEL SIG や他の EPEL 貢献者たちとやり取りすることができます。
 
[http://www.redhat.com/archives/epel-devel-list/ EPEL 開発者メーリングリスト]や [http://freenode.net/ Freenode IRC Network] の #epel を使用して、EPEL SIG や他の EPEL 貢献者たちとやり取りすることができます。

Revision as of 11:22, 7 May 2010

EPEL への貢献

EPEL プロジェクトへ参加することは Fedora プロジェクトのグループ(例えば、アカウントシステムのパッケージグループ)に参加して、エンタープライズ Linux への親しみを持つのと同じくらい簡単です。さらに 仕事の一環として EPEL パッケージをメンテナンスするために使用されるテンプレートがあります。詳細は 貢献に関する FAQ エントリを参照してください。

EPEL 開発者メーリングリストFreenode IRC Network の #epel を使用して、EPEL SIG や他の EPEL 貢献者たちとやり取りすることができます。