EPEL/ja

From FedoraProject

< EPEL(Difference between revisions)
Jump to: navigation, search
m
Line 4: Line 4:
 
エンタープライズ Linux 用の拡張パッケージ(EPEL) は、[[Red_Hat_Enterprise_Linux | Red Hat Enterprise Linux]] (RHEL) 向けの高品質なアドオンパッケージであり、CentOS や Scientific Linux (SL) のような RHEL からスピンオフしたディストリビューションと互換性のある、Fedora プロジェクトで有志によって作成されたパッケージになります。Fedora は RHEL のアップストリームであり、EPEL のアドオンパッケージは主に RHEL 向けにビルドされた Fedora リポジトリをソースとしています。
 
エンタープライズ Linux 用の拡張パッケージ(EPEL) は、[[Red_Hat_Enterprise_Linux | Red Hat Enterprise Linux]] (RHEL) 向けの高品質なアドオンパッケージであり、CentOS や Scientific Linux (SL) のような RHEL からスピンオフしたディストリビューションと互換性のある、Fedora プロジェクトで有志によって作成されたパッケージになります。Fedora は RHEL のアップストリームであり、EPEL のアドオンパッケージは主に RHEL 向けにビルドされた Fedora リポジトリをソースとしています。
  
{{:EPEL/FrontPageStarters}}
+
{{:EPEL/FrontPageStarters/Japanese}}
  
{{:EPEL/FrontPageContributors}}
+
{{:EPEL/FrontPageContributors/Japanese}}
  
  
 
[[Category:EPEL]]
 
[[Category:EPEL]]

Revision as of 06:26, 7 May 2010

Banner468x120.png

EPEL

エンタープライズ Linux 用の拡張パッケージ(EPEL) は、 Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 向けの高品質なアドオンパッケージであり、CentOS や Scientific Linux (SL) のような RHEL からスピンオフしたディストリビューションと互換性のある、Fedora プロジェクトで有志によって作成されたパッケージになります。Fedora は RHEL のアップストリームであり、EPEL のアドオンパッケージは主に RHEL 向けにビルドされた Fedora リポジトリをソースとしています。

EPEL を使ってみよう



EPEL への貢献

EPEL プロジェクトへ参加することは Fedora プロジェクトのグループ(例えば、アカウントシステムのパッケージグループ)に参加して、エンタープライズ Linux への親しみを持つのと同じくらい簡単です。さらに 仕事の一環として EPEL パッケージをメンテナンスするために使用されるテンプレートがあります。詳細は 貢献に関する FAQ エントリを参照してください。

EPEL 開発者メーリングリストFreenode IRC Network の #epel を使用して、EPEL SIG や他の EPEL 貢献者たちとやり取りすることができます。