From Fedora Project Wiki
(ソースコード管理(SCM)システムへパッケージを追加して所有者をセットする)
m (最新版を反映)
 
(37 intermediate revisions by 4 users not shown)
Line 12: Line 12:
  
 
= Fedora パッケージコレクションメンテナへの参加方法 =
 
= Fedora パッケージコレクションメンテナへの参加方法 =
 
[[file:fedora-submit-package.png|thumb]]
 
  
 
本当にあなたは Fedora プロジェクトのパッケージメンテナになることを決意しましたか?これはあなたが最初のパッケージを投稿するまでのガイドです。
 
本当にあなたは Fedora プロジェクトのパッケージメンテナになることを決意しましたか?これはあなたが最初のパッケージを投稿するまでのガイドです。
  
 +
[[file:fedora-submit-package.png|750x214px]]
 
== Fedora パッケージコレクションメンテナになる ==
 
== Fedora パッケージコレクションメンテナになる ==
  
 
=== ガイドラインを読む ===
 
=== ガイドラインを読む ===
  
もしあなたが RPM パッケージの作成方法を知らないなら、[[A Short RPM Tutorial|簡易 RPM チュートリアル]]か、より高度で詳細な内容の[[how to create an RPM package| RPM パッケージの作成方法]]を参照してください。
+
もしあなたが RPM パッケージの作成方法を知らないなら、[[How_to_create_a_GNU_Hello_RPM_package|GNU Hello RPM package チュートリアル]]か、より高度で詳細な内容の[[how to create an RPM package| RPM パッケージの作成方法]]を参照してください。
  
そして[http://fedoraproject.org/wiki/Packaging/Guidelines/ja パッケージングガイドライン] と [http://fedoraproject.org/wiki/Packaging/NamingGuidelines/ja パッケージ名ガイドライン]を読んでください。
+
そして[[Packaging/Guidelines/ja|パッケージングガイドライン]] と [[Packaging/NamingGuidelines/ja|パッケージ名ガイドライン]]を読んでください。
  
あなたは RPM パッケージングに十分に精通する必要があります。RPM パッケージングの知識は全てのパッケージ投稿に影響を与えます。もし質問があれば、[https://admin.fedoraproject.org/mailman/listinfo/packaging Fedora パッケージングメーリングリスト]で尋ねてください。
+
あなたは RPM パッケージングに十分に精通する必要があります。RPM パッケージングの知識は全てのパッケージ投稿に影響を与えます。もし質問があれば、Fedora {{fplist|packaging}} List で尋ねてください。
  
 
=== Bugzilla アカウントを作成する ===
 
=== Bugzilla アカウントを作成する ===
Line 34: Line 33:
  
 
{{admon/important|@fedoraproject.org のメールアドレスを使用しないでください|あなたがスポンサーになると、あなたの bugzilla 権限が取得できないので @fedoraproject.org のメールアドレスを Bugzilla で使用してはいけません。もし @fedoraproject.org のメールアドレスを使用したいなら、あなたの Fedora アカウントで接続する Bugzilla のメールアドレスを手動で上書きするように管理者へ[https://fedorahosted.org/fedora-infrastructure/ Fedora インフラチケットシステム]でリクエストした方が良いです。}}
 
{{admon/important|@fedoraproject.org のメールアドレスを使用しないでください|あなたがスポンサーになると、あなたの bugzilla 権限が取得できないので @fedoraproject.org のメールアドレスを Bugzilla で使用してはいけません。もし @fedoraproject.org のメールアドレスを使用したいなら、あなたの Fedora アカウントで接続する Bugzilla のメールアドレスを手動で上書きするように管理者へ[https://fedorahosted.org/fedora-infrastructure/ Fedora インフラチケットシステム]でリクエストした方が良いです。}}
 +
 +
{{Anchor|GetAFedoraAccount}}
 +
=== Fedora アカウントを取得する ===
 +
 +
[[Infrastructure/AccountSystem |Fedora アカウントシステム]]でアカウントを作成してください(これは Bugzilla アカウントでは ''ありません'' )。
 +
 +
# https://admin.fedoraproject.org/accounts/ アカウントシステムのホームへ訪問する
 +
# 'New account' を選択してブランク項目に記入してください。メールアドレスは、Bugzilla のアカウントで使用するメールアドレスと同じメールアドレスにすべきです。これによって、システムは、FedoraアカウントシステムとBugzillaの二つのアカウント間の権限をリンクできるようになります。
 +
# アカウントを作成した後で  CLA に署名しているか(画面の "My Account" リンクをクリックすると CLA: CLA Done となっているか)確認してください。
 +
# さらに RSA のSSH公開鍵をアップロードする必要があります。SSH 経由で Fedora マシンへアクセスする秘密鍵に対応する公開鍵を使用する必要があります。
  
 
=== 重要なメーリングリストへ参加する ===
 
=== 重要なメーリングリストへ参加する ===
  
あなたは fedora [https://admin.fedoraproject.org/mailman/listinfo/devel-announce devel-announce@lists.fedoraproject.org] メーリングリストへ参加しなければなりません。それは流通量の少ないアナウンス用のメーリングリストで、重要な開発情報が投稿されます。
+
あなたは fedora {{fplist|devel-announce}} メーリングリストへ参加しなければなりません。それは流通量の少ないアナウンス用のメーリングリストで、重要な開発情報が投稿されます。
  
fedora [https://admin.fedoraproject.org/mailman/listinfo/devel devel@lists.fedoraproject.org] メーリングリストに参加することもできます。そこでは開かれた Fedora 開発に関して議論されます。これは流通量の多いメーリングリストです。
+
fedora {{fplist|devel}} メーリングリストに参加することもできます。そこでは開かれた Fedora 開発に関して議論されます。これは流通量の多いメーリングリストです。
  
さらに [https://admin.fedoraproject.org/mailman/listinfo/package-announce package-announce@lists.fedoraproject.org] に参加することも考慮してください。Fedora リポジトリの全パッケージのコミット通知を取得するためのコミット情報のメーリングリストです。これはかなり流通量が多いメーリングリストです。Fedora パッケージデータベースは、あなたが(共同で)メンテナンスするパッケージのためにコミットメールを送信します。
+
さらに {{fplist|package-announce}} に参加することも考慮してください。Fedora リポジトリの全パッケージのコミット通知を取得するためのコミット情報のメーリングリストです。これはかなり流通量が多いメーリングリストです。Fedora パッケージデータベースは、あなたが(共同で)メンテナンスするパッケージのためにコミットメールを送信します。
  
参加した方が良いと見なされる(少なくともアーカイブを見れる方が良い)他のメーリングリストは [https://admin.fedoraproject.org/mailman/listinfo/packaging packaging@lists.fedoraproject.org] です。これは Fedora プロジェクトの公式パッケージングガイドラインを決定する[[Packaging/Committee | Fedora パッケージング委員会]]のメーリングリストです。
+
参加した方が良いと見なされる(少なくともアーカイブを見れる方が良い)他のメーリングリストは {{fplist|packaging}} です。これは Fedora プロジェクトの公式パッケージングガイドラインを決定する[[Packaging/Committee | Fedora パッケージング委員会]]のメーリングリストです。
  
 
=== パッケージが適切なものだと保証する ===
 
=== パッケージが適切なものだと保証する ===
 +
 +
{{admon/note||パッケージャーグループに招待されるには、新しいパッケージを投稿する以外の方法があります。詳しくは、 [[How_to_get_sponsored_into_the_packager_group| 招待のされた方についてのページ]] を見てください。}}
  
 
あなたが投稿するパッケージは既に Fedora でパッケージングされていない、フリーでオープンソースなプロジェクトになります。あなたのパッケージを作成する前に、そのソフトウェアが Fedora リポジトリに既に存在していないか、又はレビュー待ち状態でないかを確認してください。
 
あなたが投稿するパッケージは既に Fedora でパッケージングされていない、フリーでオープンソースなプロジェクトになります。あなたのパッケージを作成する前に、そのソフトウェアが Fedora リポジトリに既に存在していないか、又はレビュー待ち状態でないかを確認してください。
  
* 既にリポジトリにパッケージが存在していないかを [https://admin.fedoraproject.org/pkgdb/ Fedora パッケージデータベース]で検索してください。
+
* 既にリポジトリにパッケージが存在していないかを [https://apps.fedoraproject.org/packages/ Fedora packages]で検索してください。
 
 
 
* レビュー待ち状態でないかを [http://fedoraproject.org/PackageReviewStatus/ レビュートラッカ] で検索してください。
 
* レビュー待ち状態でないかを [http://fedoraproject.org/PackageReviewStatus/ レビュートラッカ] で検索してください。
 +
* さらに[[Deprecated_packages | 非推奨パッケージ]]リストを確認してください。
 +
* [[forbidden items|禁止されてるアイテム]]に注意してください。
  
* さらに[[PackageMaintainers/RetiredPackages | 関連パッケージ]]リストを確認してください。
+
=== あなたの義務を理解する ===
  
* [[forbidden items|隠されたアイテム]]に注意してください。
+
Fedoraに同梱されているソフトウエアコンポーネントは、積極的に保守管理される必要があります。バグ、特に、セキュリティに関する問題は、即座に修正される必要があります。これは、あなたが第一に認識するべき[[Package_maintainer_responsibilities |Fedoraパッケージ保守管理者としての責任]] です。私たちは、あなたに、パッケージの共同保守管理者となること、そして、あなたがヘルプが必要である場合はいつでも、開発者MLを通じて、Fedoraコミュニティに助けを求めることを、あなたに望みます。
  
 
=== 他の提案を読む ===
 
=== 他の提案を読む ===
Line 61: Line 73:
 
パッケージングに関して学ぶために他の人のパッケージ投稿を読んで、そのプロセスや要求に精通してください。
 
パッケージングに関して学ぶために他の人のパッケージ投稿を読んで、そのプロセスや要求に精通してください。
  
そうするための1つの方法は [https://admin.fedoraproject.org/mailman/listinfo/package-review package-review@lists.fedoraproject.org メーリングリスト]に参加することです。Fedora パッケージレビューの全てのコメントがこのメーリングリスト(あなたの視点からだと読み専用)に送られます。
+
そうするための1つの方法は {{fplist|package-review}} メーリングリスト]に参加することです。Fedora パッケージレビューの全てのコメントがこのメーリングリスト(あなたの視点からだと読み専用)に送られます。
  
=== パッケージを作る ===
+
=== あなたのGitを設定する ===
  
* もし RPM パッケージを作成する方法を知らないなら [[How to create an RPM package|RPM パッケージの作成方法]]を参照してください。
+
Fedoraパッケージ作成のための準備として、最初にやることは、Gitで使用するあなたの名前とメールアドレスを設定することです。Fedoraのパッケージに対するコミットごとに名前とメールアドレスがリンクされます。
  
* あなたのパッケージが[[Packaging/Guidelines/ja| パッケージングガイドライン]]と[[Packaging/NamingGuidelines/ja| パッケージング名ガイドライン]]に準拠しているかを確認してください。
+
<pre>
 +
git config --global user.name "John Doe"
 +
git config --global user.email johndoe@example.com
 +
</pre>
  
* [[Packaging/ReviewGuidelines/ja| パッケージレビューガイドライン]]に注意してください(パッケージレビューに使用されます)。
+
=== クライアントツールをインストールする ===
  
=== パッケージをアップロードする ===
+
Fedora コレクション又は [[EPEL]] 向けにパッケージをビルドするために [[Using_the_Koji_build_system|Koji]] を使用する必要があります。
  
SRPM と spec ファイルをインターネット上のどこかにアップロードしてください。それは URL でどこからでもアクセスできる場所になります。
+
{{package|fedora-packager}} パッケージは fedora でパッケージング作業や環境構築を助けるツールを提供します。rootで、次のようにしてインストールすることができます。
あなたが既に Fedora アカウントを持っているなら、そのためのストレージとして [http://fedorapeople.org http://fedorapeople.org] を使用することができます。
+
dnf install fedora-packager
  
{{Anchor|CreateYourReviewRequest}}
+
インストール後、あなたのFedoraアカウントシステムのユーザ名を {{filename|~/.fedora.upn}} にセットします(root ではなく、一般ユーザで実行してください)。次のようにします。
 +
  echo "あなたのFedoraアカウントシステムのユーザ名" > ~/.fedora.upn
 +
(”''あなたのFedoraアカウントシステムのユーザ名''"の部分は当然置き換えてください。)
  
=== レビューリクエストを作成する ===
+
{{admon/tip|Kerberos|Kojiを使うには、Kerberosチケットが必要となります。チケットは、ターミナル内で、次のコマンドを使い、取得します。 "kinit あなたのFedoraアカウントシステムのユーザ名@FEDORAPROJECT.ORG". ドメイン名は、大文字小文字を区別しますので、 FEDORAPROJECT.ORG は、全て大文字にします。<br /><br />
 +
GNOME を使ってる場合は、 [[Infrastructure/Kerberos]] を見てください。
 +
}}
  
https://bugzilla.redhat.com/bugzilla/enter_bug.cgi?product=Fedora&format=extras-review のフォームに記入してください。
+
あなたが持っていないプラットホーム(例えば PPC)又は、ディストリビューション上で RPM パッケージのビルドを試すために "koji" を使用することができます。あなたのパッケージが承認されていなくて、スポンサーを取得していない状況であっても、ビルド("スクラッチ" ビルド)テストができることに注意してください。koji を使用してスクラッチビルドを行う最も簡単な方法はコマンドラインで次のように実行します。
 +
  koji build --scratch TARGET path_to_source_RPM
 +
オプションやコマンドライン引数:
 +
* TARGET は (Fedora 25 向けは)f25 のようにディストリビューションのキーワードです。"koji list-targets" を実行すると全ての対応ディストリビューションを確認できます。次のリリース(rawhide)向けにビルドするためには "dist-rawhide" を ''使用するのではなく'' 、"fX" (X は最新の安定バージョンの番号よりも高い番号を指定する)を使用してください。
 +
* URL '''ではなく''' 、ソース RPM (.src.rpm ファイル) への ''パス'' を与える必要があることに注意してください。(もし spec ファイルのみなら、新たなソース RPM を作成するために <code>rpmbuild --nodeps -bs SPECFILE</code> を実行してください)
  
* あなたのリクエストを投稿する前に同じパッケージに対して直前のリクエストがないかを確認してください。
+
あなたの koji ビルドは実際に TARGET ディストリビューションのリポジトリにあるパッケージのみに依存します。あなたのパッケージがまだ Bodhi にリリースされていない新しいパッケージに依存している場合、リリースされているディストリビューションでしか koji を使用してビルドすることはできません。その新しいパッケージがこの後に説明されるように "rawhide" 向けにビルドされているなら、その新しいパッケージに依存していたとしても rawhide (次のリリースバージョン) 向けに koji を使用して ''ビルドすることができます'' 。安定版リポジトリへまだリリースされていないアップデートであるパッケージに対してビルドする必要があるなら、 https://fedorahosted.org/rel-eng/newticket で rel-eng を付けてチケットを登録して buildroot を上書きするようにリクエストすることができます。EPEL のパッケージでは、担当者がそのチケットを受け取れるようにコンポーネントに ''epel'' を使用する必要があります。
  
* そのパッケージが何なのかを説明する '''短い要約''' を添えて '<code>Review Summary</code>' フィールドに '''パッケージ名''' (バージョンとリリース番号を除く) があることを確認してください。
+
koji についてヘルプから学習することができます。
  
* spec ファイルと SRPM を公開されたウェブサイトへアップロードしてください。もしホスティングスペースが必要なら、チケット投稿の際にメモとして書いておくと誰かが面倒を見てくれるでしょう。あなたが既に Fedora パッケージメンテナなら http://fedorapeople.org を使用して作ることができます。
+
koji --help            # 全般的なヘルプ
 +
koji --help-commands  # koji コマンドを表示する
 +
koji COMMAND --help    # COMMAND のヘルプを表示する
  
* あなたのパッケージの '''説明''' (通常は spec ファイルの %description に追加する内容と同じ説明)を '<code>Review Description</code>' フィールドに追加してください。そして、あなたの '''SRPM''' や '''SPEC''' ファイルへの '''URLs''' を含めてください。さらにこれはあなたの最初のパッケージでスポンサーが必要であることも説明してください。
+
Koji の詳細については [[Using_the_Koji_build_system]] を参照してください。
  
{{Admon/warning | これがあなたの最初のパッケージだと '<code>Review Description</code>' で説明していることを確認してください。そして、スポンサーを探します。Fedora パッケージコレクションでは、全ての新たな貢献者はスポンサーを得なければなりません。潜在的なスポンサーはレビューするためのパッケージを見つけるために Bugzilla 上の [https://bugzilla.redhat.com/bugzilla/showdependencytree.cgi?id&#61;FE-NEEDSPONSOR FE-NEEDSPONSOR] バグで探します。レビューリクエストバグを編集するために、あなたのパッケージをこのリストに追加することができます。そして '<code>Bug </code>''xyz''<code> blocks</code>' フィールド(''xyz'' はレビューリクエストのバグ番号になります)に <code>FE-NEEDSPONSOR</code> を追加してください。}}
+
=== パッケージを作る ===
  
レビュープロセスの詳細は[[Package Review Process| パッケージレビュープロセス]]ページを参照してください。
+
* もし RPM パッケージを作成する方法を知らないなら [[How to create an RPM package|RPM パッケージの作成方法]]を参照してください。
 +
* あなたのパッケージが[[Packaging/Guidelines/ja| パッケージングガイドライン]]と[[Packaging/NamingGuidelines/ja| パッケージング名ガイドライン]]に準拠しているかを確認してください。
 +
* [[Packaging/ReviewGuidelines/ja| パッケージレビューガイドライン]]に注意してください(パッケージレビューに使用されます)。
 +
* パッケージがビルドできることを確認してください。これは意外に重要です。なぜならば、注目されるほどの数の投稿がビルドしてないからです。
  
{{Anchor|WatchForFeedback}}
+
=== パッケージをアップロードする ===
  
=== アップストリームへ知らせる ===
+
SRPM と spec ファイルをインターネット上のどこかにアップロードしてください。それは URL でどこからでもアクセスできる場所になります。しかし、重要なことは、直接アクセスができることです。何かのサービスに隠れていないこと(ダウンロードされるまでに待たされたり、広告ページ経由でリダイレクトされる)が重要です。
  
プロジェクトとしての Fedora は[[Staying_close_to_upstream_projects | アップストリームに近い状態を維持する]]ことを好みます。あなたがパッケージングしていることをそのソフトウェアの開発者へ知らせてください。自己紹介のメールを送ったり、レビューリクエストで指摘したりすることで自分がパッケージングを行っていると知らせることができます。これは今後の会話の場を提示します。彼らのソフトウェアが現在は Fedora の一部であるという事実を通常は公示するか、既存リリースの重要なバグ、今後のロードマップ等があればあなたに知らせたくなるかもしれません。
+
もしあなたが、公式レポジトリにパッケージを置くまでの間、ユーザーが必要に応じてビルドできるようにしたい場合は、[https://copr.fedorainfracloud.org Copr]の利用を考えてください。Copr は、軽量で自動化されたビルドシステムです。あなたがアップするSRPMを使ってレポジトリを作成できます。あなたは、Coprのスペースを使って、レビューアーにあなたの作ったsrc.rpmファイルとspecファイルの場所を提示することができます。
  
=== フィードバックを監視する ===
+
{{Anchor|CreateYourReviewRequest}}
  
あなたの最初のパッケージの Bugzilla レポートを監視してください。メールで変更通知を受け取るべきです。レビューアが blocker だと指摘したらとにかく修正してください。
+
=== レビューリクエストを作成する ===
  
{{Anchor|GetAFedoraAccount}}
+
https://bugzilla.redhat.com/bugzilla/enter_bug.cgi?product=Fedora&format=fedora-review のフォームに記入してください。
  
=== Fedora アカウントを取得する ===
+
* あなたのリクエストを投稿する前に同じパッケージに対して直前のリクエストがないかを確認してください。便利な検索ボックスが [http://fedoraproject.org/PackageReviewStatus/ package review status page] にあります。
 +
* そのパッケージが何なのかを説明する '''短い要約''' を添えて '<code>Review Summary</code>' フィールドに '''パッケージ名''' (バージョンとリリース番号を除く) があることを確認してください。
 +
* あなたのパッケージの '''説明''' (通常は spec ファイルの %description に追加する内容と同じ説明)を '<code>Review Description</code>' フィールドに追加してください。そして、あなたの '''SRPM''' や '''SPEC''' ファイルへの '''URLs''' を含めてください。
 +
* これはあなたの最初のパッケージでスポンサーが必要であることも説明してください。また、スポンサーとなる人にとって助けになるかもしれない情報はなんでも含めてください。もしあなたが、他のレビューをすでにしているならば、それらのリンクを含めてください。もしあなたがパッケージ対象ソフトウエアの直接の保守管理者ならば、必ずそう書いてください。
 +
* Kojiのビルドが成功しているリンクを含めてください。ボーナスポイントとなります。全員があなたが全ての宿題をやったことがわかりますから。
  
[[Infrastructure/AccountSystem |Fedora アカウントシステム]]でアカウントを作成してください(これは Bugzilla アカウントでは ''ありません'' )
+
{{Admon/warning | これがあなたの最初のパッケージで、そして、スポンサーを探していることを '<code>Review Description</code>' で説明していることを確認してください。Fedora パッケージコレクションでは、全ての新たな貢献者はスポンサーを得なければなりません。潜在的なスポンサーはレビューするためのパッケージを見つけるために Bugzilla 上の [https://bugzilla.redhat.com/bugzilla/showdependencytree.cgi?id&#61;FE-NEEDSPONSOR FE-NEEDSPONSOR] バグで探します。レビューリクエストバグを編集するために、あなたのパッケージをこのリストに追加することができます。そして '<code>Bug </code>''xyz''<code> blocks</code>' フィールド(''xyz'' はレビューリクエストのバグ番号になります)に <code>FE-NEEDSPONSOR</code> を追加してください。}}
  
# https://admin.fedoraproject.org/accounts/ アカウントシステムのホームへ訪問する
+
レビュープロセスの詳細は[[Package Review Process| パッケージレビュープロセス]]ページを参照してください。
# 'New account' を選択してブランク項目に記入してください。
 
# アカウントを作成した後で  CLA に署名しているか(画面の "My Account" リンクをクリックすると CLA: CLA Done となっているか)確認してください。<br>'''注意:''' Red Hat 社員は CLA の代わりに <code>cla_redhat</code> を適用すべきです。アカウントシステム上で新たなグループを適用して、グループフィールドに <code>cla_redhat</code> を追加して適用してください。それから TomCallaway にあなたを承認するように依頼してください。
 
  
{{Anchor|GetSponsored}}
+
{{Anchor|WatchForFeedback}}
  
=== クライアントツール(Koji)をインストールする ===
+
=== アップストリームへ知らせる ===
  
Fedora コレクション又は [[EPEL]] 向けにパッケージをビルドするために [[Using_the_Koji_build_system|Koji]] を使用する必要があります。さらに [https://admin.fedoraproject.org/accounts/user/gencert Fedora アカウントシステム]でクライアントサイド認証を生成して、<code>fedpkg</code> がデフォルトでその認証ファイルを見つけられるように <code>~/.fedora.cert</code> というファイル名で保存する必要があります。
+
プロジェクトとしての Fedora [[Staying_close_to_upstream_projects | アップストリームに近い状態を維持する]]ことを好みます。あなたがパッケージングしていることをそのソフトウェアの開発者へ知らせてください。自己紹介のメールを送ったり、レビューリクエストで指摘したりすることで自分がパッケージングを行っていると知らせることができます。これは今後の会話の場を提示します。彼らのソフトウェアが現在は Fedora の一部であるという事実を通常は公示するか、既存リリースの重要なバグ、今後のロードマップ等があればあなたに知らせたくなるかもしれません。
  
{{admon/tip|認証の有効期限|あなたの認証ファイルは6ヶ月後に有効期限が切れます。有効期限が切れたら、別の認証ファイルをリクエストする必要があります。新たな認証ファイルをリクエストすると、古い認証ファイルをそれ以上使用することはできません。}}
+
=== 自己紹介する ===
  
<code>fedora-packager</code> パッケージは fedora でパッケージング作業や環境構築を助けるツールを提供します。次のようにしてインストールすることができます。
+
新しいパッケージ保守管理者がFedoraプロジェクトに参加するときは、Fedora {{fplist|devel}} メーリングリストに自己紹介をお願いします。メーリングリストを購読するためには、{{fplist|devel}} メーリングリストの購読ページに訪れてください。自己紹介の主な目的は、Fedoraコミュニティメンバーがあなたをもう少し詳しく知ることによって、信頼を構築するプロセスを開始し、あなたのレビューリクエストがより早く進むチャンスを増やすことです。
  
<code>
+
私たちは、匿名性をなくし、プロジェクト内に、現実世界のコミュニティを作り出すことを願っています。あなたは、個人的な秘密を知らせる義務はありません。目的は、あなたとプロジェクトのほかのメンバーの間に一定の信頼を築くことです。しかし、あなたは私たちと意思疎通するときは、少なくとも自分の本当の名前を使う方が良いです。また、あなたが誰であるか、あなたの動機、そして、おそらくはあなたがレビューのために投稿したソフトウエアの説明をおすすめします。
yum install fedora-packager
 
</code>
 
  
インストール後に次のコマンドを実行してあなたのユーザアカウントに対して koji の設定を行ってください。
+
<pre>
  
<code>
+
件名: Self Introduction: <あなたの名前>
  fedora-packager-setup
 
</code>  
 
  
{{admon/tip|認証の更新|Fedora の認証ファイルを更新する毎に <code>fedora-packager-setup</code> を再実行する必要があります。}}
+
本文: あなたのフリー&オープンソースプロジェクトの経験、
 +
あなたが提出したレビューリクエストへのリンク、
 +
あなた自身の簡単な説明含む、
 +
あなたが妥当と考える情報を追加してください。
 +
必要に応じてGPGキー情報を投稿することもできます。
  
あなたが持っていないプラットホーム(例えば PPC)又は、ディストリビューション上で RPM パッケージのビルドを試すために "koji" を使用することができます。あなたのパッケージが承認されていなくて、スポンサーを取得していない状況であっても、ビルド("スクラッチ" ビルド)テストができることに注意してください。koji を使用してスクラッチビルドを行う最も簡単な方法はコマンドラインで次のように実行します。
+
</pre>
  
koji build --arch-override=PLATFORM --scratch TARGET path_to_source_RPM
+
=== フィードバックを監視する ===
  
オプションやコマンドライン引数:
+
あなたの最初のパッケージの Bugzilla レポートを監視してください。メールで変更通知を受け取るべきです。レビューアが blocker だと指摘したらとにかく修正してください。
* TARGET は (Fedora 9 向けは)dist-f9 のようにディストリビューションのキーワードです。"koji list-targets" を実行すると全ての対応ディストリビューションを確認できます。次のリリース(rawhide)向けにビルドするためには "dist-rawhide" を ''使用するのではなく'' 、"dist-fX" (X は最新の安定バージョンの番号よりも高い番号を指定する)を使用してください。
 
  
* PLATFORM は i386 (32-bit), x86_64, ppc 又は ppc64 のようなプラットホームのキーワードです。--arch-override=PLATFORM でそのプラットホームを除外することができます。koji は spec ファイルで設定された、そのパッケージがサポートする全てのアーキテクチャでビルドのテストを行います。
+
{{Anchor|GetSponsored}}
 
 
* URL '''ではなく''' 、ソース RPM (.src.rpm ファイル) への ''パス'' を与える必要があることに注意してください。(もし spec ファイルのみなら、新たなソース RPM を作成するために <code>rpmbuild --nodeps -bs SPECFILE</code> を実行してください)
 
 
 
あなたの koji ビルドは実際に TARGET ディストリビューションのリポジトリにあるパッケージのみに依存します。あなたのパッケージがまだ Bodhi にリリースされていない新しいパッケージに依存している場合、リリースされているディストリビューションでしか koji を使用してビルドすることはできません。その新しいパッケージがこの後に説明されるように "rawhide" 向けにビルドされているなら、その新しいパッケージに依存していたとしても rawhide (次のリリースバージョン) 向けに koji を使用して ''ビルドすることができます'' 。安定版リポジトリへまだリリースされていないアップデートであるパッケージに対してビルドする必要があるなら、 https://fedorahosted.org/rel-eng/newticket で rel-eng を付けてチケットを登録して buildroot を上書きするようにリクエストすることができます。EPEL のパッケージでは、担当者がそのチケットを受け取れるようにコンポーネントに ''epel'' を使用する必要があります。
 
 
 
koji についてヘルプから学習することができます。
 
 
 
koji --help            # 全般的なヘルプ
 
koji --help-commands  # koji コマンドを表示する
 
koji COMMAND --help    # COMMAND のヘルプを表示する
 
  
Koji の詳細については [[Using_the_Koji_build_system]] を参照してください。
 
  
 
=== スポンサーを得る ===
 
=== スポンサーを得る ===
Line 162: Line 180:
  
 
スポンサーを得る方法の詳細は [[how to get sponsored into the packager group|パッケージャグループでスポンサーを得る方法]] を参照してください。
 
スポンサーを得る方法の詳細は [[how to get sponsored into the packager group|パッケージャグループでスポンサーを得る方法]] を参照してください。
 
{{Admon/warning | 新人パッケージャの最初のパッケージのレビューと承認は登録されているスポンサーによって '''行わなければなりません''' 。その後のレビューはパッケージメンテナが行えます。非公式のレビューはいつでも誰でも行うことができます。}}
 
  
 
あなたのスポンサーはパッケージャグループにあなたを追加することができます。スポンサーに関する確認メールを受け取るべきです。
 
あなたのスポンサーはパッケージャグループにあなたを追加することができます。スポンサーに関する確認メールを受け取るべきです。
Line 169: Line 185:
 
=== ソースコード管理(SCM)システムへパッケージを追加して所有者をセットする ===
 
=== ソースコード管理(SCM)システムへパッケージを追加して所有者をセットする ===
  
新たなパッケージのためのモジュールと最新リリースのブランチを取得するために [[Package SCM admin requests/ja|パッケージソース管理システムのアドミンリクエスト]] の内容に従ってください。
+
先に進む前に、Fedora Account Systemのクレデンシャルを使って、 https://src.fedoraproject.org/ にログインし、 あなたのアカウントを同期してください。
  
パッケージをビルドするためのアクセス、Bugzilla の統計母集団、他の機能に使用される所有者データベースに記録を残すために使用されます。このステップはリクエストした各ディストリビューション向けにリポジトリに新たなパッケージのためのモジュールを作成します。
+
もしあなたが、パッケージの共同保守管理者ではなくて、新しいパッケージの保守管理者になろうとしているなら、[https://pagure.io/fedpkg fedpkg] をつかって、あなたのパッケージ用に、新しくgitレポジトリをリクエストしてください。サブコマンドは、 "fedpkg request-repo" です。これには、コマンドが必要とする、Pagure API token を準備するためのヘルプ文言を含んでいます。あなたは、レポジトリ名とレビューのバグ番号を指定しなければなりません。例えば、 "fedpkg request-repo python-prometheus_client  1590452" です。
  
=== そのモジュールをチェックアウトする ===
+
gitレポジトリ作成のリクエストは、大抵24時間以内に管理者にレビューされて、処理されます。チケットが処理されると、パッケージをコミットしてビルドするためのアクセス権が与えられます。
  
You ''could'' check out your module now, but before doing that, consider doing "mkdir ~/fedora-scm ; cd ~/fedora-scm" - that way, all your files are inside that.  Also, run ssh-add, so that you won't have to keep typing in your key password.
+
=== モジュールをチェックアウトする ===
  
{{Admon/tip | Running <code>ssh-add</code> before doing any SCM operations is a very good idea. It will save you from having to type your key password for every operation. You only have to run ssh-add once per session, it will remember it until you log out or reboot. If "ssh-add" reports "Could not open a connection to your authentication agent.", start a new shell under it using "exec ssh-agent bash".}}
+
今すぐあなたのモジュールをチェックアウト ''することができます'' が、そうする前に <code>mkdir ~/fedora-scm ; cd ~/fedora-scm</code> を実行することを検討してください。そうすると、そのディレクトリ内に全てのファイルが展開されます。さらにキーフレーズを入力しなくて良いように <code>ssh-add</code> を実行して設定することも実行できます。
  
Now you are ready to checkout your module from the SCM:
+
{{Admon/tip | SCM 操作を行う前に <code>ssh-add</code> を実行することは良い方法です。全ての操作に対してキーフレーズ入力の手間を削減します。セッションにつき1度だけ <code>ssh-add</code> を実行する必要があります。そして、それはログアウトか再起動するまで有効になります。もし <code>ssh-add</code> が "Could not open a connection to your authentication agent." と言ってきたら <code>exec ssh-agent bash</code> を実行して新たなシェル環境で試してみてください。}}
 +
 
 +
SCM からあなたのモジュールをチェックアウトする準備が整いました。
 
<pre>
 
<pre>
 
  fedpkg clone -B <packagename>
 
  fedpkg clone -B <packagename>
 
</pre>
 
</pre>
  
Where <code><packagename></code> should be replaced with the name of your package.
+
<code><packagename></code> はあなたのパッケージ名に置き換えてください。
  
You should now have a directory named after your package with a directory for each branch inside of it.
+
{{Admon/caution | もしこの作業が失敗したら ssh の秘密鍵 (<code>~/.ssh/id_rsa</code>) のパーミッションが 400 でセットされているかを確認してください。新たな CVS モジュールへのリクエストが書き込みアクセス権を得るために承認された後で最大で1時間待つ必要があるかもしれません。 [[Account_System|Fedora Account System]] (FAS) と同様に公開鍵を確認してください。鍵の伝搬は FAS へアップロード後、1時間程度かかります。}}
  
{{Admon/caution | If this step fails, be sure your private ssh key (<code>~/.ssh/id_rsa</code>) mode is set to 0400. You might have to wait for up to an hour after your request for a new CVS module has been approved to get write access. Make sure your public key is the same as in the Fedora Accounts System (FAS). Key propagation may take an hour or so after uploading into FAS}}
+
{{Admon/important| fedpkg は 自動的に新しいgitレポジトリに対して、ユーザの設定をセットしないことに注意してください。最初のコミットをする前に、新しいレポジトリの中に、グローバル、または、ローカルに、ユーザの設定がセットされていることを確認してください。( [[Git_Quickref#Configure_your_global_git_settings|Configure your global git settings]]を見てください。)}}
 +
{{Admon/important| パッケージャーグループのメンバーでない場合、"permission denied"を受け取ることになります。ユーザ指定なしのフラグ<code>-a</code>を使って、クローンしてください。}}
  
<!-- this doesn't work with fedpkg and git, can't supply multiple module names
+
===  パッケージをテストする ===
  
You can use fedora-cvs with many modules at the same time.  To checkout from cvs run fedora-cvs {module names separated by spaces}, for example:
+
あなたのパッケージをテストするためのより詳しい情報は、 [[Using_Mock_to_test_package_builds|Mockを使ってパッケージのビルドをテストする]] と [[Using_the_Koji_build_system#Scratch_Builds|Kojiビルドシステムを使う]] を見てください。 Mockは、あなたのローカルシステムを使いますが、Kojiコマンドラインツールの方は、Fedoraのビルドシステムサーバを使います。
<pre>
 
fedora-cvs konversation mysql-gui-tools snort
 
</pre>
 
-->
 
  
=== パッケージをインポートする ===
+
=== パッケージをインポートし、コミットし、ビルドする ===
  
Now that you've checked out your (empty) package module with fedkpkg,
+
今、あなたは fedpkg コマンドで(空の)パッケージモジュールをチェックアウトしました。そして、そのモジュールへ移動します。
cd into the module:
 
 
  cd MODULE_NAME
 
  cd MODULE_NAME
 
+
SCM 内へ SRPM のコンテンツをインポートするために fedpkg コマンドを実行してください。
Run the fedpkg, to import the contents of the SRPM into the SCM:
 
 
 
 
  fedpkg import PATH_TO_SRPM
 
  fedpkg import PATH_TO_SRPM
(Review Changes)
 
fedpkg commit -p
 
 
Obviously, replace <code>PATH_TO_SRPM</code> with the full path (not URL) to your approved SRPM.
 
 
This imports into only the '''master''' (rawhide)  branch. 
 
 
{{Admon/caution|the rest of this section is not yet updated to use the new git SCM}}
 
 
You will probably ''also'' want to do additional imports using the -b parameter, which will import the package into other distribution branches like '''F-9''', e.g.:
 
  ./common/cvs-import.sh -b F-9 PATH_TO_SRPM
 
 
 
The cvs-import.sh program will respond with:
 
Checking out module: 'NAME'
 
You may see errors like this several times, these can be ignored:
 
buffer_get_ret: trying to get more bytes 129 than in buffer 34
 
buffer_get_string_ret: buffer_get failed
 
buffer_get_bignum2_ret: invalid bignum
 
key_from_blob: can't read rsa key
 
key_read: key_from_blob AA....  failed
 
But among them you should see:
 
Unpacking source package: NAME....src.rpm...
 
Along with a list of the source files in the source package,
 
followed by checking and uploading of the files.
 
 
)
 
 
Then, you'll see "If you want to make any changes before committing, please press Ctrl-C.
 
Otherwise press Enter to proceed to commit."  Press Enter.
 
 
Finally (if you haven't set up an other editor) vi will open up to let you edit the changelog. For the changelog, use the same format as the end of the .spec file. If you haven't used vi yet, after entering your changelog press 'Enter' and type
 
  :wq
 
and press 'Enter' again to finish the import.
 
 
=== ブランチを更新する ===
 
  
Branches are <code>f</code># (formerly <code>F-</code># and before that <code>FC-</code>#), <code>master</code>, etcSo ''f13'' is the branch for Fedora 13.
+
# Review Changes, press 'q' to stop; Revert with: git reset --hard HEAD
 +
git commit -m "Initial import (#XXXXXX)."
 +
git push
 +
  fedpkg build
  
<!-- Found in https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=452559 -->
+
お判りだと思いますが、<code>PATH_TO_SRPM</code> の部分を承認された SRPM へのフルパス(URL ではない)に置き換えて実行ください。また、<code>XXXXXX</code> は、該当パッケージのレビューバグ番号に置き換えてください。
However, your local directory may not have exactly the right versions of the files, so go into the branch directory (e.g. <code>cd devel/</code> or <code>cd f12/</code>) and run:
 
<pre>
 
git pull
 
</pre>
 
  
=== ビルドをリクエストする ===
+
これは '''master''' (rawhide) ブランチにのみコミット&ビルドし、インポートします。
  
For each branch that you'd like to request a build for, go into the branch directory (e.g. <code>cd f13/</code>) and run:
+
もし次のようなメッセージが出て、プッシュできない場合:
 +
W access for why DENIED to YOUR_ACCOUNT
 +
fatal: The remote end hung up unexpectedly
 +
Could not push: Command '['git', 'push']' returned non-zero exit status 128
 +
そのパッケージブランチを変更するのに必要な権限をあなたが持っていないです。
 +
https://src.fedoraproject.org/rpms/PACKAGE_NAME を見て、必要な権限をリクエストしてください。
  
<pre>
+
Fedoraパッケージ保守管理システムについての詳しいことは、 [[Package maintenance guide]] を見てください。
fedpkg build
 
</pre>
 
{{Admon/warning | Be sure that you build for rawhide before pushing updates for any other branches! Otherwise, those updates will get inherited into rawhide, which is almost certainly not what you want.}}
 
{{Admon/warning | Sync to buildsys is an hourly thing. So, sometimes you might have to wait for an hour to get access of the build server to give "make build"}}
 
If everything goes well, it should queue up your branch for building, the package will cleanly build, and you're done!
 
  
If it fails to build, the build system will send you an email to report the failure and show you to the logs. Commit any needed changes to cvs, bump the SPEC release number, and request a new build.
+
=== ブランチを更新する(if desired)  ===
  
=== Bodhi へ至るものとしてパッケージを投稿する ===
+
<code>f</code># (公式には <code>F-</code># で、以前のは <code>FC-</code>#), <code>master</code> 等です。従って ''f{{FedoraVersion}}'は、Fedora {{FedoraVersion}}のブランチです。
  
The Fedora update system called Bodhi is used for pushing updates, classifying packages etc.
+
あるブランチに変更するためには、最初に次のように実行します。:
Do not submit "master" (aka rawhide) packages via bodhi.
+
fedpkg switch-branch BRANCH (e.g. f{{FedoraVersion}})
  
You can push an update using Bodhi via the command line using:
+
マスターから最初のコミットをマージし、同じコミットをブランチに作成します。
<pre>
+
git merge master
fedpkg update
 
</pre>
 
  
You can also use "bodhi" command directly as described in the [[Bodhi_Guide|Bodhi Guide]].
+
サーバに変更内容をプッシュします。
 +
git push
  
You can also use [https://admin.fedoraproject.org/updates/new/ the Web interface for Bodhi] to request enhancement updates for each released Fedora you are bringing a new package to.
+
パッケージをビルドします。
 +
fedpkg build
  
The first field asks for the name of the "Package". This field will auto-complete the package name found in the Koji build system, e.g. <package-name>-<version>-<release>.fc9. If completion doesn't work, just enter the package build name yourself.
+
もし、もう一つのブランチがあって、"To switch to a branch" を繰り返し、それぞれインポートして、コミットします。
  
For new packages, choose "newpackage" as the "type" of update.
+
{{Admon/warning | 必ず rawhide(マスター)ブランチに対してビルドしてから、他のブランチに対してプッシュしてください。そうでないと、アップデートがrawhideに引き継がれるでしょう。それはきっと大抵あなたが望んでいないことです。}}
 +
{{Admon/warning | buildsys との同期は、一時間おきです。あなたは時々一時間待って、ビルドサーバにアクセスし、"fedpkg build" を実行しなければならないこともあるでしょう。}}
 +
万事うまくいったら、あなたのブランチは、ビルドのためにキューにアップされ、パッケージは綺麗にビルドされると、あなたのやることは終了となります!
  
Put the "Request" as "testing" if you want to put the package through testing first, see [[QA|  Fedora Quality Assurance]] . Put "stable" if you want to push the package directly to stable.
+
もしビルドが失敗したなら、ビルドシステムはあなたにレポートをメールで送ります。レポートにログが表示されます。gitに必要な変更をコミットし、SPECファイルのリリースビルド番号をあげて、新しいビルドをリクエストしてください。
  
Put the bug number of the package's Review Request in the "Bugs" field blank. Bodhi will automatically close it as NEXTRELEASE when it gets pushed to the requested update status.
+
=== Bodhiにパッケージ更新として投稿する ===
  
For new packages, add a copy of the package's description in the "Notes" section, so end users will know what the package is.
+
Bodhi という Fedora アップデートシステムはアップデートの公開やパッケージの分類等のために使用されます。Bodhi 経由で "master" (別名 rawhide) パッケージを投稿してはいけません。
  
Here is the [[Bodhi_Guide|Bodhi Guide]] and
+
コマンドラインから Bodhi を使用してアップデートを転送することができます。
[[Infrastructure/UpdatesSystem/Bodhi-info-DRAFT|more information on Bodhi]] .
+
fedpkg update
  
After you have submitted an upgrade through bodhi, your package is placed in a queue. Periodically, an administrator will check the queue and push all of the packages into the appropriate repositories.
+
詳細は [[Package_update_HOWTO|パッケージ更新投稿ガイド]] を参照してください。
  
 
=== パッケージを "comps" ファイルで利用可能にする ===
 
=== パッケージを "comps" ファイルで利用可能にする ===
  
パッケージが適切なら、インストール中や yum のパッケージグループ操作で追加して選択されるように "comps" ファイルで利用可能にしてください。詳細は [[PackageMaintainers/CompsXml]] を参照してください。
+
パッケージが適切なら、インストール中や dnf または yum のパッケージグループ操作で追加して選択されるように "comps" ファイルで利用可能にしてください。詳細は [[PackageMaintainers/CompsXml|パッケージグループ用comps.xml の利用及び編集]] を参照してください。
  
 
=== アップデートを監視する ===
 
=== アップデートを監視する ===
  
Fedora には、あなたがパッケージングしているソフトウェアのアップストリームの新たなリリースを監視するために利用できるインフラがあります。詳細は[[Upstream Release Monitoring|アップストリームのリリースを監視する]]を参照してください。[[Package update HOWTO|パッケージアップデート入門]]を読んでアップデートの取り扱い方を学んでください。
+
Fedora には、あなたがパッケージングしているソフトウェアのアップストリームの新たなリリースを監視するために利用できるインフラがあります。詳細は[[Upstream Release Monitoring|アップストリームのリリースを監視する]]を参照してください。
  
== ヘルプを取得する ==
+
== 支援を受ける ==
  
我々はこのプロセスが時には泥のように不明確であることを認識していて、常にもっとより良いプロセスにしようと挑戦しています。あなたが何らかの問題に遭遇したり、何か質問があったら [https://admin.fedoraproject.org/mailman/listinfo/devel devel@lists.fedoraproject.org] メーリングリストか、[http://freenode.net/ freenode] の #fedora-devel で尋ねてください。詳細は[[Communicate|コミュニケーション]]ページを参照してください。
+
我々はこのプロセスが時には泥のように不明確であることを認識していて、常にもっとより良いプロセスにしようと挑戦しています。あなたが何らかの問題に遭遇したり、何か質問があったら {{fplist|devel}} メーリングリストか、[http://freenode.net/ freenode] の #fedora-devel で尋ねてください。
 +
 
 +
== 既存のメンテナのために Fedora パッケージコレクションに新たなパッケージを入れる ==
  
Fedora メンタープロジェクトには、パッケージングのために新たな貢献者を喜んで手伝ってくれる人たちがいます。詳細は[[Mentors|メンター]]ページを参照してください。
+
あなたが既に Fedora のパッケージをメンテナンスしていて他のパッケージをメンテナンスしたいなら、[[new package process for existing contributors|既存の貢献者のための新たなパッケージプロセス]]に従うようにしてください。
  
さらに[[using git FAQ for package maintainers|パッケージメンテナのための git 使用の FAQ]] も参照してください。
+
= 一度限りの貢献 =
  
== 既存のメンテナのために Fedora パッケージコレクションに新たなパッケージを入れる ==
+
[https://src.fedoraproject.org/browse/projects/ 既存パッケージ] への変更は、[https://docs.pagure.org/pagure/usage/pull_requests.html#open-pull-request プルリクエスト] を投稿することにより、提案可能です。プルリクエストを作成するためには、[[Join_the_package_collection_maintainers#Create_a_Fedora_Account|Fedoraアカウント]] を持たなければなりません。
  
あなたが既に Fedora のパッケージをメンテナンスしていて他のパッケージをメンテナンスしたいなら、[[new package process for existing contributors|既存の貢献者のための新たなパッケージプロセス]]に従うようにしてください。
+
もし、[https://pagure.io/fedora-infrastructure/issue/6361 あなたのアカウントが'packager'グループにない]場合は、あなたはsrc.fedoraproject.org上でフォークしたレポジトリに対して、変更をプッシュすることはできませんから、外部のGitホスティングプラットフォーム(例えば、https://pagure.io/new など)を使い、[https://docs.pagure.org/pagure/usage/pull_requests.html#remote-git-to-pagure-pull-request リモートからのプルリクエスト]を使わなければいけません。
  
 
[[Category:Package Maintainers]] [[Category:Join]]
 
[[Category:Package Maintainers]] [[Category:Join]]

Latest revision as of 03:47, 27 March 2019

Contents

貢献という役割

Idea.png
貢献という役割
本稿に記載されている内容は貢献という役割の単なる提案です。あなたのやる気次第で制限はありません。

Join OSDeveloper.png
OS 開発者

Fedora パッケージコレクションメンテナへの参加方法

本当にあなたは Fedora プロジェクトのパッケージメンテナになることを決意しましたか?これはあなたが最初のパッケージを投稿するまでのガイドです。

Fedora-submit-package.png

Fedora パッケージコレクションメンテナになる

ガイドラインを読む

もしあなたが RPM パッケージの作成方法を知らないなら、GNU Hello RPM package チュートリアルか、より高度で詳細な内容の RPM パッケージの作成方法を参照してください。

そしてパッケージングガイドラインパッケージ名ガイドラインを読んでください。

あなたは RPM パッケージングに十分に精通する必要があります。RPM パッケージングの知識は全てのパッケージ投稿に影響を与えます。もし質問があれば、Fedora packaging List で尋ねてください。

Bugzilla アカウントを作成する

Red Hat Bugzilla にアカウントを作成してください。

Bugzilla のアカウントで使用するメールアドレスは、Fedora パッケージングの全ての関連事項を扱うために Fedora アカウントシステムで使用するメールアドレスと同じメールアドレスを使用すべきです。

Important.png
@fedoraproject.org のメールアドレスを使用しないでください
あなたがスポンサーになると、あなたの bugzilla 権限が取得できないので @fedoraproject.org のメールアドレスを Bugzilla で使用してはいけません。もし @fedoraproject.org のメールアドレスを使用したいなら、あなたの Fedora アカウントで接続する Bugzilla のメールアドレスを手動で上書きするように管理者へFedora インフラチケットシステムでリクエストした方が良いです。

Fedora アカウントを取得する

Fedora アカウントシステムでアカウントを作成してください(これは Bugzilla アカウントでは ありません )。

  1. https://admin.fedoraproject.org/accounts/ アカウントシステムのホームへ訪問する
  2. 'New account' を選択してブランク項目に記入してください。メールアドレスは、Bugzilla のアカウントで使用するメールアドレスと同じメールアドレスにすべきです。これによって、システムは、FedoraアカウントシステムとBugzillaの二つのアカウント間の権限をリンクできるようになります。
  3. アカウントを作成した後で CLA に署名しているか(画面の "My Account" リンクをクリックすると CLA: CLA Done となっているか)確認してください。
  4. さらに RSA のSSH公開鍵をアップロードする必要があります。SSH 経由で Fedora マシンへアクセスする秘密鍵に対応する公開鍵を使用する必要があります。

重要なメーリングリストへ参加する

あなたは fedora devel-announce メーリングリストへ参加しなければなりません。それは流通量の少ないアナウンス用のメーリングリストで、重要な開発情報が投稿されます。

fedora devel メーリングリストに参加することもできます。そこでは開かれた Fedora 開発に関して議論されます。これは流通量の多いメーリングリストです。

さらに package-announce に参加することも考慮してください。Fedora リポジトリの全パッケージのコミット通知を取得するためのコミット情報のメーリングリストです。これはかなり流通量が多いメーリングリストです。Fedora パッケージデータベースは、あなたが(共同で)メンテナンスするパッケージのためにコミットメールを送信します。

参加した方が良いと見なされる(少なくともアーカイブを見れる方が良い)他のメーリングリストは packaging です。これは Fedora プロジェクトの公式パッケージングガイドラインを決定する Fedora パッケージング委員会のメーリングリストです。

パッケージが適切なものだと保証する

Note.png
パッケージャーグループに招待されるには、新しいパッケージを投稿する以外の方法があります。詳しくは、 招待のされた方についてのページ を見てください。

あなたが投稿するパッケージは既に Fedora でパッケージングされていない、フリーでオープンソースなプロジェクトになります。あなたのパッケージを作成する前に、そのソフトウェアが Fedora リポジトリに既に存在していないか、又はレビュー待ち状態でないかを確認してください。

あなたの義務を理解する

Fedoraに同梱されているソフトウエアコンポーネントは、積極的に保守管理される必要があります。バグ、特に、セキュリティに関する問題は、即座に修正される必要があります。これは、あなたが第一に認識するべきFedoraパッケージ保守管理者としての責任 です。私たちは、あなたに、パッケージの共同保守管理者となること、そして、あなたがヘルプが必要である場合はいつでも、開発者MLを通じて、Fedoraコミュニティに助けを求めることを、あなたに望みます。

他の提案を読む

パッケージングに関して学ぶために他の人のパッケージ投稿を読んで、そのプロセスや要求に精通してください。

そうするための1つの方法は package-review メーリングリスト]に参加することです。Fedora パッケージレビューの全てのコメントがこのメーリングリスト(あなたの視点からだと読み専用)に送られます。

あなたのGitを設定する

Fedoraパッケージ作成のための準備として、最初にやることは、Gitで使用するあなたの名前とメールアドレスを設定することです。Fedoraのパッケージに対するコミットごとに名前とメールアドレスがリンクされます。

git config --global user.name "John Doe"
git config --global user.email johndoe@example.com

クライアントツールをインストールする

Fedora コレクション又は EPEL 向けにパッケージをビルドするために Koji を使用する必要があります。

Package-x-generic-16.pngfedora-packager パッケージは fedora でパッケージング作業や環境構築を助けるツールを提供します。rootで、次のようにしてインストールすることができます。

dnf install fedora-packager

インストール後、あなたのFedoraアカウントシステムのユーザ名を ~/.fedora.upn にセットします(root ではなく、一般ユーザで実行してください)。次のようにします。

 echo "あなたのFedoraアカウントシステムのユーザ名" > ~/.fedora.upn

(”あなたのFedoraアカウントシステムのユーザ名"の部分は当然置き換えてください。)

Idea.png
Kerberos
Kojiを使うには、Kerberosチケットが必要となります。チケットは、ターミナル内で、次のコマンドを使い、取得します。 "kinit あなたのFedoraアカウントシステムのユーザ名@FEDORAPROJECT.ORG". ドメイン名は、大文字小文字を区別しますので、 FEDORAPROJECT.ORG は、全て大文字にします。

GNOME を使ってる場合は、 Infrastructure/Kerberos を見てください。

あなたが持っていないプラットホーム(例えば PPC)又は、ディストリビューション上で RPM パッケージのビルドを試すために "koji" を使用することができます。あなたのパッケージが承認されていなくて、スポンサーを取得していない状況であっても、ビルド("スクラッチ" ビルド)テストができることに注意してください。koji を使用してスクラッチビルドを行う最も簡単な方法はコマンドラインで次のように実行します。

 koji build --scratch TARGET path_to_source_RPM

オプションやコマンドライン引数:

  • TARGET は (Fedora 25 向けは)f25 のようにディストリビューションのキーワードです。"koji list-targets" を実行すると全ての対応ディストリビューションを確認できます。次のリリース(rawhide)向けにビルドするためには "dist-rawhide" を 使用するのではなく 、"fX" (X は最新の安定バージョンの番号よりも高い番号を指定する)を使用してください。
  • URL ではなく 、ソース RPM (.src.rpm ファイル) への パス を与える必要があることに注意してください。(もし spec ファイルのみなら、新たなソース RPM を作成するために rpmbuild --nodeps -bs SPECFILE を実行してください)

あなたの koji ビルドは実際に TARGET ディストリビューションのリポジトリにあるパッケージのみに依存します。あなたのパッケージがまだ Bodhi にリリースされていない新しいパッケージに依存している場合、リリースされているディストリビューションでしか koji を使用してビルドすることはできません。その新しいパッケージがこの後に説明されるように "rawhide" 向けにビルドされているなら、その新しいパッケージに依存していたとしても rawhide (次のリリースバージョン) 向けに koji を使用して ビルドすることができます 。安定版リポジトリへまだリリースされていないアップデートであるパッケージに対してビルドする必要があるなら、 https://fedorahosted.org/rel-eng/newticket で rel-eng を付けてチケットを登録して buildroot を上書きするようにリクエストすることができます。EPEL のパッケージでは、担当者がそのチケットを受け取れるようにコンポーネントに epel を使用する必要があります。

koji についてヘルプから学習することができます。

koji --help            # 全般的なヘルプ
koji --help-commands   # koji コマンドを表示する
koji COMMAND --help    # COMMAND のヘルプを表示する

Koji の詳細については Using_the_Koji_build_system を参照してください。

パッケージを作る

パッケージをアップロードする

SRPM と spec ファイルをインターネット上のどこかにアップロードしてください。それは URL でどこからでもアクセスできる場所になります。しかし、重要なことは、直接アクセスができることです。何かのサービスに隠れていないこと(ダウンロードされるまでに待たされたり、広告ページ経由でリダイレクトされる)が重要です。

もしあなたが、公式レポジトリにパッケージを置くまでの間、ユーザーが必要に応じてビルドできるようにしたい場合は、Coprの利用を考えてください。Copr は、軽量で自動化されたビルドシステムです。あなたがアップするSRPMを使ってレポジトリを作成できます。あなたは、Coprのスペースを使って、レビューアーにあなたの作ったsrc.rpmファイルとspecファイルの場所を提示することができます。

レビューリクエストを作成する

https://bugzilla.redhat.com/bugzilla/enter_bug.cgi?product=Fedora&format=fedora-review のフォームに記入してください。

  • あなたのリクエストを投稿する前に同じパッケージに対して直前のリクエストがないかを確認してください。便利な検索ボックスが package review status page にあります。
  • そのパッケージが何なのかを説明する 短い要約 を添えて 'Review Summary' フィールドに パッケージ名 (バージョンとリリース番号を除く) があることを確認してください。
  • あなたのパッケージの 説明 (通常は spec ファイルの %description に追加する内容と同じ説明)を 'Review Description' フィールドに追加してください。そして、あなたの SRPMSPEC ファイルへの URLs を含めてください。
  • これはあなたの最初のパッケージでスポンサーが必要であることも説明してください。また、スポンサーとなる人にとって助けになるかもしれない情報はなんでも含めてください。もしあなたが、他のレビューをすでにしているならば、それらのリンクを含めてください。もしあなたがパッケージ対象ソフトウエアの直接の保守管理者ならば、必ずそう書いてください。
  • Kojiのビルドが成功しているリンクを含めてください。ボーナスポイントとなります。全員があなたが全ての宿題をやったことがわかりますから。
Warning.png
これがあなたの最初のパッケージで、そして、スポンサーを探していることを 'Review Description' で説明していることを確認してください。Fedora パッケージコレクションでは、全ての新たな貢献者はスポンサーを得なければなりません。潜在的なスポンサーはレビューするためのパッケージを見つけるために Bugzilla 上の FE-NEEDSPONSOR バグで探します。レビューリクエストバグを編集するために、あなたのパッケージをこのリストに追加することができます。そして 'Bug xyz blocks' フィールド(xyz はレビューリクエストのバグ番号になります)に FE-NEEDSPONSOR を追加してください。

レビュープロセスの詳細は パッケージレビュープロセスページを参照してください。

アップストリームへ知らせる

プロジェクトとしての Fedora は アップストリームに近い状態を維持することを好みます。あなたがパッケージングしていることをそのソフトウェアの開発者へ知らせてください。自己紹介のメールを送ったり、レビューリクエストで指摘したりすることで自分がパッケージングを行っていると知らせることができます。これは今後の会話の場を提示します。彼らのソフトウェアが現在は Fedora の一部であるという事実を通常は公示するか、既存リリースの重要なバグ、今後のロードマップ等があればあなたに知らせたくなるかもしれません。

自己紹介する

新しいパッケージ保守管理者がFedoraプロジェクトに参加するときは、Fedora devel メーリングリストに自己紹介をお願いします。メーリングリストを購読するためには、devel メーリングリストの購読ページに訪れてください。自己紹介の主な目的は、Fedoraコミュニティメンバーがあなたをもう少し詳しく知ることによって、信頼を構築するプロセスを開始し、あなたのレビューリクエストがより早く進むチャンスを増やすことです。

私たちは、匿名性をなくし、プロジェクト内に、現実世界のコミュニティを作り出すことを願っています。あなたは、個人的な秘密を知らせる義務はありません。目的は、あなたとプロジェクトのほかのメンバーの間に一定の信頼を築くことです。しかし、あなたは私たちと意思疎通するときは、少なくとも自分の本当の名前を使う方が良いです。また、あなたが誰であるか、あなたの動機、そして、おそらくはあなたがレビューのために投稿したソフトウエアの説明をおすすめします。


件名: Self Introduction:  <あなたの名前>

本文: あなたのフリー&オープンソースプロジェクトの経験、
あなたが提出したレビューリクエストへのリンク、
あなた自身の簡単な説明含む、
あなたが妥当と考える情報を追加してください。 
必要に応じてGPGキー情報を投稿することもできます。

フィードバックを監視する

あなたの最初のパッケージの Bugzilla レポートを監視してください。メールで変更通知を受け取るべきです。レビューアが blocker だと指摘したらとにかく修正してください。


スポンサーを得る

レビューアがパッケージを承認した場合、そのパッケージをチェックインしてビルドするために独立してスポンサーを得なければなりません。スポンサーは自動的に得られるのではなく、パッケージガイドラインの理解度を説明するために何らかの方法で参加するということを要求します。スポンサーを得る鍵は、あなたがプロジェクトのガイドラインとプロセスを理解して従っているということを既存のスポンサーレベルのメンバーへ説得することです。

スポンサーを得る方法の詳細は パッケージャグループでスポンサーを得る方法 を参照してください。

あなたのスポンサーはパッケージャグループにあなたを追加することができます。スポンサーに関する確認メールを受け取るべきです。

ソースコード管理(SCM)システムへパッケージを追加して所有者をセットする

先に進む前に、Fedora Account Systemのクレデンシャルを使って、 https://src.fedoraproject.org/ にログインし、 あなたのアカウントを同期してください。

もしあなたが、パッケージの共同保守管理者ではなくて、新しいパッケージの保守管理者になろうとしているなら、fedpkg をつかって、あなたのパッケージ用に、新しくgitレポジトリをリクエストしてください。サブコマンドは、 "fedpkg request-repo" です。これには、コマンドが必要とする、Pagure API token を準備するためのヘルプ文言を含んでいます。あなたは、レポジトリ名とレビューのバグ番号を指定しなければなりません。例えば、 "fedpkg request-repo python-prometheus_client 1590452" です。

gitレポジトリ作成のリクエストは、大抵24時間以内に管理者にレビューされて、処理されます。チケットが処理されると、パッケージをコミットしてビルドするためのアクセス権が与えられます。

モジュールをチェックアウトする

今すぐあなたのモジュールをチェックアウト することができます が、そうする前に mkdir ~/fedora-scm ; cd ~/fedora-scm を実行することを検討してください。そうすると、そのディレクトリ内に全てのファイルが展開されます。さらにキーフレーズを入力しなくて良いように ssh-add を実行して設定することも実行できます。

Idea.png
SCM 操作を行う前に ssh-add を実行することは良い方法です。全ての操作に対してキーフレーズ入力の手間を削減します。セッションにつき1度だけ ssh-add を実行する必要があります。そして、それはログアウトか再起動するまで有効になります。もし ssh-add が "Could not open a connection to your authentication agent." と言ってきたら exec ssh-agent bash を実行して新たなシェル環境で試してみてください。

SCM からあなたのモジュールをチェックアウトする準備が整いました。

 fedpkg clone -B <packagename>

<packagename> はあなたのパッケージ名に置き換えてください。

Stop (medium size).png
もしこの作業が失敗したら ssh の秘密鍵 (~/.ssh/id_rsa) のパーミッションが 400 でセットされているかを確認してください。新たな CVS モジュールへのリクエストが書き込みアクセス権を得るために承認された後で最大で1時間待つ必要があるかもしれません。 Fedora Account System (FAS) と同様に公開鍵を確認してください。鍵の伝搬は FAS へアップロード後、1時間程度かかります。
Important.png
fedpkg は 自動的に新しいgitレポジトリに対して、ユーザの設定をセットしないことに注意してください。最初のコミットをする前に、新しいレポジトリの中に、グローバル、または、ローカルに、ユーザの設定がセットされていることを確認してください。( Configure your global git settingsを見てください。)
Important.png
パッケージャーグループのメンバーでない場合、"permission denied"を受け取ることになります。ユーザ指定なしのフラグ-aを使って、クローンしてください。

パッケージをテストする

あなたのパッケージをテストするためのより詳しい情報は、 Mockを使ってパッケージのビルドをテストするKojiビルドシステムを使う を見てください。 Mockは、あなたのローカルシステムを使いますが、Kojiコマンドラインツールの方は、Fedoraのビルドシステムサーバを使います。

パッケージをインポートし、コミットし、ビルドする

今、あなたは fedpkg コマンドで(空の)パッケージモジュールをチェックアウトしました。そして、そのモジュールへ移動します。

cd MODULE_NAME

SCM 内へ SRPM のコンテンツをインポートするために fedpkg コマンドを実行してください。

fedpkg import PATH_TO_SRPM
# Review Changes, press 'q' to stop; Revert with: git reset --hard HEAD
git commit -m "Initial import (#XXXXXX)."
git push
fedpkg build

お判りだと思いますが、PATH_TO_SRPM の部分を承認された SRPM へのフルパス(URL ではない)に置き換えて実行ください。また、XXXXXX は、該当パッケージのレビューバグ番号に置き換えてください。

これは master (rawhide) ブランチにのみコミット&ビルドし、インポートします。

もし次のようなメッセージが出て、プッシュできない場合:

W access for why DENIED to YOUR_ACCOUNT
fatal: The remote end hung up unexpectedly
Could not push: Command '['git', 'push']' returned non-zero exit status 128

そのパッケージブランチを変更するのに必要な権限をあなたが持っていないです。 https://src.fedoraproject.org/rpms/PACKAGE_NAME を見て、必要な権限をリクエストしてください。

Fedoraパッケージ保守管理システムについての詳しいことは、 Package maintenance guide を見てください。

ブランチを更新する(if desired)

f# (公式には F-# で、以前のは FC-#), master 等です。従って f32'は、Fedora 32のブランチです。

あるブランチに変更するためには、最初に次のように実行します。:

fedpkg switch-branch BRANCH (e.g. f32)

マスターから最初のコミットをマージし、同じコミットをブランチに作成します。

git merge master

サーバに変更内容をプッシュします。

git push

パッケージをビルドします。

fedpkg build

もし、もう一つのブランチがあって、"To switch to a branch" を繰り返し、それぞれインポートして、コミットします。

Warning.png
必ず rawhide(マスター)ブランチに対してビルドしてから、他のブランチに対してプッシュしてください。そうでないと、アップデートがrawhideに引き継がれるでしょう。それはきっと大抵あなたが望んでいないことです。
Warning.png
buildsys との同期は、一時間おきです。あなたは時々一時間待って、ビルドサーバにアクセスし、"fedpkg build" を実行しなければならないこともあるでしょう。

万事うまくいったら、あなたのブランチは、ビルドのためにキューにアップされ、パッケージは綺麗にビルドされると、あなたのやることは終了となります!

もしビルドが失敗したなら、ビルドシステムはあなたにレポートをメールで送ります。レポートにログが表示されます。gitに必要な変更をコミットし、SPECファイルのリリースビルド番号をあげて、新しいビルドをリクエストしてください。

Bodhiにパッケージ更新として投稿する

Bodhi という Fedora アップデートシステムはアップデートの公開やパッケージの分類等のために使用されます。Bodhi 経由で "master" (別名 rawhide) パッケージを投稿してはいけません。

コマンドラインから Bodhi を使用してアップデートを転送することができます。

fedpkg update

詳細は パッケージ更新投稿ガイド を参照してください。

パッケージを "comps" ファイルで利用可能にする

パッケージが適切なら、インストール中や dnf または yum のパッケージグループ操作で追加して選択されるように "comps" ファイルで利用可能にしてください。詳細は パッケージグループ用comps.xml の利用及び編集 を参照してください。

アップデートを監視する

Fedora には、あなたがパッケージングしているソフトウェアのアップストリームの新たなリリースを監視するために利用できるインフラがあります。詳細はアップストリームのリリースを監視するを参照してください。

支援を受ける

我々はこのプロセスが時には泥のように不明確であることを認識していて、常にもっとより良いプロセスにしようと挑戦しています。あなたが何らかの問題に遭遇したり、何か質問があったら devel メーリングリストか、freenode の #fedora-devel で尋ねてください。

既存のメンテナのために Fedora パッケージコレクションに新たなパッケージを入れる

あなたが既に Fedora のパッケージをメンテナンスしていて他のパッケージをメンテナンスしたいなら、既存の貢献者のための新たなパッケージプロセスに従うようにしてください。

一度限りの貢献

既存パッケージ への変更は、プルリクエスト を投稿することにより、提案可能です。プルリクエストを作成するためには、Fedoraアカウント を持たなければなりません。

もし、あなたのアカウントが'packager'グループにない場合は、あなたはsrc.fedoraproject.org上でフォークしたレポジトリに対して、変更をプッシュすることはできませんから、外部のGitホスティングプラットフォーム(例えば、https://pagure.io/new など)を使い、リモートからのプルリクエストを使わなければいけません。