Ja JP/Distribution/Download

From FedoraProject

Jump to: navigation, search

Distribution > Download

Contents

Fedoraのダウンロード

ダウンロードを始める前に全てのインストラクションを読んでください。

クイックリンク
x86 ISOs x86_64 ISOs PPC ISOs ミラー Torrent

Fedora Coreをダウンロードして、インストールするには以下のステップを踏む必要があります:

何を行おうとしているのか理解する

あなたはオペレーティングシステム全体をダウンロードします。そして 多くの場合、ダウンロードしたオペレーティングシステムをあなたのコンピューターにインストールする事でしょう。もし既にコンピューターの中にオペレーティングシステムが存在する場合は、インストール時に上書きされる可能性があります。詳細に関しては次のセクションを参照してください。

ダイアルアップモデム等のインターネット接続が遅い環境では、Fedora Coreをダウンロードするのに非常に時間がかかります。ダウンロードにかかる時間はインターネット接続環境によって異なります。例えばインストールディスクイメージ(ISO)のダウンロードを行うとすると、それぞれのイメージファイルは650MB弱ありますので、56kモデムの場合は一枚目のディスクのダウンロードに27時間もかかります。しかも多くのインストール形態で一枚目以上のディスクが必要になります。

システムに空き領域を確保する

もしシングルブートシステムをデュアルブートシステムに変更する場合は、Fedora Coreの為に空き領域を確保する必要があります。空き領域は新しいハードディスクを追加したり、既存のパーティションを変更する事で確保する事ができます。

詳細なインストラクションについてはRed Hat Linux 9 Getting Started GuideのConfiguring a Dual-Boot System を参照してください。(日本語Red Hat Linux 9インストールガイド(Tarball) )

必要なファイルをダウンロードする

Fedora Coreをインストールするには、ハードディスクインストールしようとする場合でもインストールDVDもしくはCD-ROM ISOイメージをダウンロードしてください。

ISOイメージのダウンロード

ダウンロードの場所

ISOイメージは以下のURLに存在します:

  • x86 (32-bit、ほとんどのIntelとAMDプロセッサー - ほとんどのユーザー)

http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core/4/i386/iso/

  • x86_64 (64-bit、AMD64とEM64T)

http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core/4/x86_64/iso/

  • PowerPC (32-bitと64-bit Mac、64-bit pSeries)

http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core/4/ppc/iso/

Stop (medium size).png
Red HatのFTPサイトは非常に負荷が高くなる事がありますので、ミラーサイト を利用した方が速くダウンロードする事ができるかもしれません。 BitTorrent を使う事も可能です。

DVDイメージ

  • x86互換用(32-bit)

FC4-i386-DVD.iso (sha1sum: 2f151a7329846da685c2a72fcb40eba3e8a355a0)

  • x86_64用 (64-bit AMD64, EM64T)

FC4-x86_64-DVD.iso (sha1sum: 2f166c7cff4e7334744d48e642b3287693d982ed)

  • PowerPC用 (32-bit and 64-bit Macintosh, 64-bit pSeries)

FC4-ppc-DVD.iso (sha1sum: 7bb39bb530ad0954f8faea585ebea23f40d5a010)

Warning (medium size).png
HTTPやFTPでダウンロードする場合DVDイメージが4GBを超える為、ダウンロードソフト、もしくはファイルシステムによってはDVDイメージを正常にダウンロードする事ができません。くわしくはダウンロードソフトのドキュメントを参照してください。

CDイメージ

  • x86互換用 (32-bit):

FC4-i386-disc1.iso (sha1sum: 3fb2924c8fb8098dbc8260f69824e9c437d28c68)

FC4-i386-disc2.iso (sha1sum: 31fdc2d7a1f1709aa02c9ea5854015645bd69504)

FC4-i386-disc3.iso (sha1sum: 032455cdf457179916be3a739ca16add75b768b7)

FC4-i386-disc4.iso (sha1sum: f560f26a32820143e8286afb188f7c36d905a735)

  • x86_64用 (64-bit AMD64、EM64T):

FC4-x86_64-disc1.iso (sha1sum: e77898791cf3bc37b9267321b89d51a147fea649)

FC4-x86_64-disc2.iso (sha1sum: 757e74f5c71f85e948d3e9a9612bb89d35c9e8d4)

FC4-x86_64-disc3.iso (sha1sum: a7be748fdb72044acf0afab9c54bbc52f0a49b0f)

FC4-x86_64-disc4.iso (sha1sum: 4d2000474c3f59beace97ed5af15020a2630f2a2)

FC4-x86_64-disc5.iso (sha1sum: a4feb5807a406565f632cad94531d0bc7a57fd42)

  • PowerPC用 (32-bitと64-bit Macintosh、64-bit pSeries):

FC4-ppc-disc1.iso (sha1sum: cc46045613cdc3ea6a3c04ba6bd8f8cd8378d89a)

FC4-ppc-disc2.iso (sha1sum: afdb5151e7bda76084328bce46d5d91d0104b9f8)

FC4-ppc-disc3.iso (sha1sum: 19e78ea82aa56488e52e0d48c117a91b61dd2a23)

FC4-ppc-disc4.iso (sha1sum: 2e7a33a5d5f3170419ab2e1fd17e1beb6ebe191e)

FC4-ppc-disc5.iso (sha1sum: 038d38a29a6f5db182d600d2f4b7ba831b9d6c6c)

補足

ソースRPM(SRPM)が入ったISOイメージもバイナリーが入っているISOイメージと同じディレクトリに存在しますが、Fedora Coreをインストールするには必要ありません。

ISOイメージをダウンロードしたら、SHA1チェックサムでISOイメージのダウンロードが正常に完了したかチェックしてください。チェックするには、シェルプロンプトからISOイメージに対してsha1sumプログラムを起動して、返された値をRed Hatが公開している値と同じか比較してください。Red Hatが提供している公式sha1sumの値が書かれているファイルはSHA1SUMという名前で、FTPサイトのISOイメージが置かれているディレクトリと同じディレクトリに存在します。

以下がsha1sumコマンドの正確な構文です:

sha1sum <isofilename>

上記のコマンドの<isofilename>を正確なファイル名に置き換えてください。

もしSHA1サムの値が一致すれば、ISOイメージをCD-Rもしくは、CD-RWに書き込んでください。補足:ISOをCDに書き込むには、cdrecordのようなプログラムが必要です。もしハードディスクインストールを行いたい場合は、ISOイメージファイルをハードディスクのFedora Coreによって再フォーマットされない場所にコピーしてください。

ISOイメージのマウント

もし既にLinuxを起動させているなら、ISOイメージをローカルマシンや、ネットワーク上のマシンにISOを保存して、ISOイメージをマウントする事で、中を参照したり、ファイルをコピーする事ができます。ISOイメージをマウントするには、以下のコマンドを使用してください:

mount -o loop -t iso9660 <isofilename> <mountpoint>

上記のコマンドの<isofilename><mountpoint>を正しいファイル名とマウントポイントに置き換えてください。マウントポイントとして指定するディレクトリは実際に存在する必要があります。

メディアにファイルを書き込む

Warning (medium size).png
ISOイメージは他のファイルと同じようにCD/DVDに書き込まれむわけではありません。

もし既にFedora Coreを使用しているなら、Red Hat Linux 9 Getting Started GuideのCD-Rs and CD-RWs の項目にある、cdrecordを使用してISOをCDに書き込む方法を参照してください。もしあなたが別のオペレーティングシステムを使用している場合は、使用している書き込みソフトウェアのドキュメントを参照してください。

DVDや、CDに書き込みした後には、何を書き込んだか忘れないようにラベルを貼ってください。

DVDもしくはCDからインストールプログラムの起動

PCをDVDもしくは一枚目のCDから起動できるようにしないといけません。詳しくはパソコンに付属しているマニュアルを参照してください。PCであれば、通常はBIOSで設定する必要があります。Macであれば、通常は起動時にCキーを押している必要があります。

ISOには、チェックサムが組み込まれています。あなたが作成したFedora Core CDや、DVDをチェックサムでチェックする事を強くお勧めします。チェックする事によって、ディスクが正常性を確認でき、メディア不良によるインストールの失敗を防ぐ事ができます。チェックサムを利用して、DVD/CDの正常性を確認するには、DVDもしくは一枚目のCDでPCを起動して、bootプロンプトで以下のコマンドを入力してください:

linux mediacheck

チェックサムのチェックはどのような順番で行っても構いません。

インストールプログラムをスタートさせるには、DVDもしくは一枚目のCDもしくはboot.isoから作成したCDで起動させて、画面の指示に従ってください。

アップデートをチェックする

Fedora Projectは頻繁にFedora CoreとFedora Extrasのアップデートをリリースしています。多くのアップデートは一般的なバグの修正で、その他がセキュリティアップデートになります。これらアップデートをインストールする事でシステムをできる限り安全で安定に保つ事ができます。

yumを使用する事でFedora CoreとFedora Extrasにリリースされる最新パッケージにアップデートする事ができます。更なる情報はManaging Software with yum を参照してください。

アップデート情報

もし随時新しいアップデートの情報を受け取りたい場合は、fedora-announce-list@redhat.com メーリングリストに入ってください。

リリースされたアップデートのリストは、FedoraNEWS.ORG のアップデートページを訪れてください。

自動アップデート

システムを自動的にアップデートするように設定する事が可能です。自宅で使用しているユーザには強くお勧めします。ビジネスで使用しているユーザーはこのオプションの使用するかは慎重に判断してください。自動アップデートを有効にするにはroot権限で、以下のコマンドを入力してください:

chkconfig yum on

これで、yumが毎日アップデートするように設定する事ができます。

助けになる情報

もしFedora Coreのインストール、設定、使用に行き詰ったら、Installation Guide DocumentationFAQ Help and Feedback セクションを参照してください。