From Fedora Project Wiki
(「利用可能なパッケージ:」がリンク切れになってたので、英語版記事のリンク先に合わせて更新。)
(EL7 epel-release などのリンク先を更新。)
 
Line 27: Line 27:
 
EL バージョンによって次のページから epel-release のパッケージをダウンロードして、そしてインストールしてください:
 
EL バージョンによって次のページから epel-release のパッケージをダウンロードして、そしてインストールしてください:
  
* [http://download.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/repoview/epel-release.html EL7 epel-release]
+
* [https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm EL7 epel-release]
* [http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/repoview/epel-release.html EL6 epel-release]
+
* [https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-6.noarch.rpm EL6 epel-release]
* [http://download.fedoraproject.org/pub/epel/5/i386/repoview/epel-release.html EL5 epel-release]
+
* [https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-5.noarch.rpm EL5 epel-release]
  
 
ダウンロードしたパッケージの内容は [https://fedoraproject.org/keys Fedora Projectのキー] を使って、安全の確認できます.
 
ダウンロードしたパッケージの内容は [https://fedoraproject.org/keys Fedora Projectのキー] を使って、安全の確認できます.
 
  
 
[[Category:EPEL]]
 
[[Category:EPEL]]

Latest revision as of 05:09, 8 September 2016

Banner468x120.png

EPEL

エンタープライズ Linux 用の拡張パッケージ(EPEL) は、 Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 向けの高品質なアドオンパッケージであり、CentOS や Scientific Linux (SL) のような RHEL からスピンオフしたディストリビューションと互換性のある、Fedora プロジェクトで有志によって作成されたパッケージになります。Fedora は RHEL のアップストリームであり、EPEL のアドオンパッケージは主に RHEL 向けにビルドされた Fedora リポジトリをソースとしています。

EPEL を使ってみよう

使用方法

Idea.png
NOTE for RHN users
EPELを利用するために 'optional' リポジトリを有効にする必要があります. RHN-Classicの場合は subchannel等を参考してください. Subscription Managerの場合は Red Hat Subscription Management Guide をご覧ください. EPEL 7の場合は rhel-7-server-optional-rpmsに加えて、更に 'extras' repository (rhel-7-server-extras-rpms)も有効にしてください.
Idea.png
NOTE for CentOS users
yum install epel-release をだけ実行したら、EPELを使用できます. epel-release は CentOS Extras repositoryに含まれています.

EL バージョンによって次のページから epel-release のパッケージをダウンロードして、そしてインストールしてください:

ダウンロードしたパッケージの内容は Fedora Projectのキー を使って、安全の確認できます.